野方・都立家政・鷺ノ宮の整体とマッサージは「カラダフルピット整体院」にお任せ下さい

-

美容のはりとは?

お顔の皮ふは上から表皮、②真皮、③皮下組織の3層構造をしております。

その中の特に真皮に『コラーゲン』や『エラスチン』が存在し、皮ふのハリや弾力に深く関わっています。

化粧水は表皮層。容はりは皮層にまでアプローチ

また、肌の弾力を保っている真皮層の70%コラーゲンなんです。

そしてそのコラーゲンを束ねているのがエラスチン。
2つがしっかりと機能することで肌は弾力を得ることができます。

しかし、20代頃からその機能が落ちはじめ、また日常生活の不摂生ストレスなどでだんだん肌の弾力はなくなり、しわが増えていきます。

そこで登場するのが美容はり。

お顔にはりでやさしく刺激することでターンオーバーが促進し、傷をおった細胞が修復しようとします。

また、針による免疫反応により自然治癒を高め、お肌本来の力を取り戻します!

↓ このようなお悩みの方へ ↓

  • ほうれい線やしわ、頬のたるみが気になる
  • くすみ、クマが気になる
  • 顔の印象を明るくしたい
  • 乾燥、テカリなどの肌質を改善したい
  • 薬に頼らず内面からお顔と身体を整えたい
  • 10年後の素肌に自信を持ちたい

お顔にはりって大丈夫?

IMG_2805 美容鍼

・はりはの毛ほどの細さです。

・無痛ではありませんが殆ど気にならない程度の刺激です。

・刺す深さも2~3ミリ程度です。


めての方は不安も多いと思います。当院では初めに説明をしっかりと行い納得・理解して頂いたうえで施術に入ります。

施術もいきなり顔にするのではなく抵抗の少ない場所などで体験してもらい1本2本と始めていき【施術をする側と受ける側】の ペースを合わせながら徐々に進めていきます。

他の店舗との違いは?

当院の美容鍼は、最近流行りの『エステよりの美容鍼』というよりもa89617917a363fc58041786a20dc7ff4_s
『お肌とお体の治療』というスタンスで、内面からのアンチエイジングと健康増進を目的としております。

一時的な変化や見た目を求めるのであれば、他のお店をお勧めします。

お体の状態に合わせて段階を踏んだ施術を行うことで、基礎から整えることができます。

東洋医学【本来の治癒力を高める】でできることを最大限に発揮し、皆様に提供させていただきます。

当院では肌のターンオーバー【約28日周期】のサイクルに合わせて針を行うことでお肌の状態を整えていきます (週1回~2週に1回程度のペース)

※ペースに関しては皆様が負担なく継続できるようプラン・施術頻度などをご提案させて頂きます。

お顔の鍼でストレスケア

美容鍼(お顔の鍼)は新鮮な血液(酸素や栄養)をお顔にけることで、美容のお悩みを改善していきます一方、ストレスケアや身体の不調の改善としてもお勧めです。

お顔や頭を刺激することで、脳の活性化による自律神経の調整や、首・肩こりの緩和も期待できます。

実際に当院では美容鍼をすると

『頭痛や肩こりが楽になった!』

『不眠で寝れなかったが眠れるようになった』

現役アスリートも『頭の疲れがとれてスッキリする』と試合の前後に利用される方などで来院が増えております。

最近では認知症予防にお顔の鍼を取り入れてる方もいらっしゃいます。

 

美容鍼による内出血

顔には多くの毛細血管が通っています。毛細血管内の血流が悪くなると、酸素や栄養が不足することでもろくなってしまいます。

もろくなる原因としては、生活習慣病(糖尿病、高血圧、高脂血症など)、タバコ、加齢、疲労、ストレスなどが挙げられます。

もろくなった毛細血管は、少しの刺激で毛細血管の壁が壊れるため、内出血(コンシーラーで隠せる程度)しやすくなります。

また、出血を止める血液凝固能力が低い方は、一度出来た内出血が長引きやすくなります。

1.高齢の方

年齢を重ねることで毛細血管の壁がもろくなりやすいため、内出血をしやすいと考えられます。また血を固める能力も低くなることで、内出血が消えるまでの時間が長くなると考えられます。

2.ワーファリンなどのお薬の服用

ワーファリンなど血液をサラサラにするお薬を飲んでいる方は内出血をしやすく、内出血が消えるまでの時間が長くなると考えられます。

3.普段から身体にアザが出来やすい方

普段から身体にアザが出来やすい方は、同様に、内出血をしやすいと考えられます。

鍼による内出血を防ぐことはできる?

残念ながら、鍼による内出血を100%防ぐ方法はありません。

毛細血管は筋肉内に無数に通っているため完全に避けて鍼を入れることは不可能です。

ですが当院では、出来るだけ内出血のリスクを抑えるために技術はもちろん、使用する鍼や施術の説明とご理解を十分に得て皆様に提供させていただいております。

内出血は決して悪いものではない

私たちの身体には傷などのダメージを修復し、再生する働きが備わっております。

これを創傷治癒(そうしょうちゆ)といいます。
内出血した場所においても、血中に含まれる成分の働きにより修復し、細胞の再生を促していきます。

古来、東洋医学でも身体の状態に応じて、手技・技法の中に出血や内出血を伴うものもあり、滞った血流を改善させ、より良い状態へと改善させるのにも用いられてきました。

内出血が発生した場合、見た目としてあまりよくないですが、傷の修復・肌の再生にはいい影響を与えてくれます。

 

最後に、鍼灸はお体にとって様々なプラスの効果を与えてくれる素晴らしい伝統療法です。

昨今、薬や化学物質に対する考え方に疑問や不信感が広がってる中、東洋医学が見直される傾向にあります。

 

人により効果の出方は様々ですが、身体本来の力が高まることは期待できます。

あなたも是非この機会に、基礎(内面)からやさしく整える当院の鍼灸・美容鍼を受けてみませんか?

 

心よりお待ちしております