野方・都立家政・鷺ノ宮の整体とマッサージは「カラダフルピット整体院」にお任せ下さい

-

産後の骨盤

次のような症状でお悩みではありませんか

  •  産後にかけて腰が痛む
  •  骨盤に違和感を感じる
  •  産後、何となく不調が続いている

骨盤の違和感や腰が痛む原因は?

無題

妊娠中~産後の骨盤はリラキシン(ホルモン)の影響で骨盤周囲の靭帯がゆるみます。 
ですが、靭帯がゆるんだ分、骨盤も不安定になるので周囲の筋肉への負担は増してきます。それが、痛みや違和感と感じる原因です。靭帯がゆるむことで骨盤が開き、赤ちゃんを育てる為のお部屋ができます。

また、出産後は会陰(えいん)部分の痛みなどもあり、力を入れないようにするクセをつけてしまうことで、骨盤底筋群がゆるみ、尿モレ、便秘、冷え性などの原因にもつながります。

腰の痛みを放っておくと症状が慢性化し、痺れや神経痛を引き起こすこともあります。

 

骨盤の矯正ってどんなことをするの?

バランスを整えるための整体

まずは、骨盤が開くことによって負担のかかっている筋肉(腰・背中・骨盤周囲)に対して、心地よい整体で体をほぐしていきます。

いきなり矯正するよりも、しっかりと筋肉をゆるめ、矯正しやすい状態を作ることが大切です。

特に当院の骨盤矯正では、骨盤のみではなく全体的な骨格バランスを意識しながら整えていくので、出産で多くの体力やエネルギーを消耗しているお体にも『産後のメンテナンス』としてお勧めです。 

次に骨盤の矯正

矯正しやすい状態になったところで、歪みのある骨盤に対して矯正を行います。
呼吸に合わせて行うストレッチに近い矯正法なので体に負担をかけずに整えていきます。
歪みが強く出てる場合や姿勢の悪さが影響してる場合は背骨から骨盤にかけての矯正を行います。

最後にお家で行う産後体操指導

産後体操とは、呼吸を意識して行う体操です。
呼吸に合わせて行うエクササイズで、骨盤の奥にあるインナーマッスル(骨盤底筋群)を強化していきます。

強化と言っても汗もかかない程度なので誰でも気軽に行えます。
産後の骨盤の場合、人の手で矯正するだけでは不十分なので、実際に整えた骨盤を維持する(戻らない)ための筋力・柔軟性が大切です。

たまに、産後の矯正行ったけど一時すると骨盤や腰に痛みや違和感が出始めたという話を聞きます。
それは矯正したが、それを維持する為の筋力や柔軟性がついていないということです。

当院では、出産後の子育てにも対応できる体を作る上でも産後体操は大切だと考えます。

 

期間はどのくらいかかるの?

お体の状態にもよりますが、目安としては
4回~6回1カ月かけて行っていきます。

体の筋肉はゴムと同じように伸び縮みをする特性がございます。
一度、固くなった筋肉を伸ばして整えたとしても長期間(妊娠~出産) の体のクセで、また元の状態に戻ろうとします。
正しい状態を繰り返し体に教え込むことで脳が認識し、正常な状態に整います。

■通院ペース(例)

2_20150723142902

1週目…週2回   矯正期間

2週目…週2回   矯正期間

3週目…週1回   調整期間

4週目…週1回   調整期間

骨盤矯正は最初が肝心です。1週~2週の間は施術間隔を詰めて行うことで、骨盤も安定してきます。

 

mamaten_1