野方・都立家政・鷺ノ宮の整体とマッサージは「カラダフルピット整体院」にお任せ下さい

-

背中の症状

次のような腰痛の症状にお悩みではありませんか?

  • パソコンやスマホを見てると背中が痛くなる
  • 夜寝てても背中が「キュー」っとなり寝つきも悪い
  • 座っていると背中がジワーと痛くなる
  • シップを張っても改善しない

こういった痛みを感じている人は、筋肉のこわばりが異常に強くなり、骨格がゆがむことで様々な不調を発症しやすいです。背中が張ってイライラする、仕事に集中できない、寝つきが悪い。など日常生活にも支障をきたします。

 

背中の痛みとは

ほおっておくと怖い!?
背中の痛みは原因から改善していくことが重要です

背中の痛みが慢性的になると、他の症状が出てしまうことも…

背中の痛み筋肉は体を動かすだけでなく、立つ、座るというような日常ほとんど無意識に行われていることでも、常に体を支えるため働き続けています。

例えばその一つに背骨・肋骨・骨盤につながる脊柱起立筋という重要な筋肉が背中にあります。その筋肉がデスクワークなど長時間にわたり負担がかかると異常にこわばってしまいガチガチに固くなります。
そうなると神経の働きや血液の流れは障害を受けやすい状態になるので、筋肉はさらに固くなり骨格のゆがみを作ります。

ゆがんだ体で立ったり座ったりしている時間が長くなれば、背中の筋肉に負担がかかり痛みが出ます。そして、痛みのあるゆがんだ体は様々な不調を引き起こします。
例えば背中の筋肉が固くなることによって、肺を覆っている胸郭が圧迫され呼吸が浅くなります。そうなると疲れが十分に取れずに翌朝の疲労感などが残り日常生活に支障をきたします。

 

 

当院の整体で腰痛を改善する3つのステップ

 原因となっている筋肉を特定し、表面から深部までじっくりとほぐすことで滞っている血行やリンパの流れをスムーズにしていきます。

ゆがみが生じている部分や固くなった関節の動きを独自の調整法で柔軟性を高めていきます。(筋肉の伸び縮みの特性を利用したソフトな調整法です)

3 カラダがラックスして来たところで過剰に興奮している自律神経をツボを刺激することによって外側と内側から整えていきます

 

(注意!)尿管結石やすい臓癌などは症状の一つに背中の痛みが挙げられます。

筋肉や関節などに関連する痛みは体を動かしたときに生じ、痛みのポイント(圧痛点)がはっきりしています。
しかし、内臓の痛みの多くはどんな体勢や処置でも変わらない。寝てても痛い…
特に心当たりもなく、いつもと違った腰痛や背中の痛みがあったときは早めに内科での受診をお勧めします。